抗ガン剤を使わない動物のガン治療 - 多摩市の動物病院【こうご動物病院付属TAMA統合医療センター】

ガン治療ニュース

「体に優しい治療方法など随時配信中!」

高濃度ビタミンC点滴、オゾン療法、ホモトキシコロジー、食事療法などの他に、
凍結療法、漢方・サプリ情報などの情報配信も行っています。

 | お知らせ

インスリノーマ(膵臓ガン)のオゾン療法症例

当院でオゾン自家血療法とホモトキシコロジーを使用して良好な経過を続けているインスリノーマ(膵臓ガン)のコの症例報告です。

さくらちゃん、トイプードルの女の子8歳です。

他院でふらつきからくる低血糖が見つかり大学病院で手術をしようとお腹をあけたところインスリノーマ(膵臓ガン)と肝臓への転移が見つかったため、何もせずにお腹を閉じたそうです。

かかりつけで肝臓の薬やステロイドを処方されていますが、それ以外で何かできることはないかということで当院に来院されました。当院では週1回のオゾン自家血療法とホモトキシコロジーの注射を1か月間行い、今は2週に1度の治療を行っていて、元気な状態を続けています。

オゾン療法もホモトキシコロジーも副作用がない治療です。ガンと診断されて、かかりつけの治療以外に何かできないか、、、と思われる場合はお気軽にご相談くださいね。

一覧に戻る
ページトップヘ