抗ガン剤を使わない動物のガン治療 - 多摩市の動物病院【こうご動物病院付属TAMA統合医療センター】

ガン治療ニュース

「体に優しい治療方法など随時配信中!」

高濃度ビタミンC点滴、オゾン療法、ホモトキシコロジー、食事療法などの他に、
凍結療法、漢方・サプリ情報などの情報配信も行っています。

 | お知らせ

オゾン療法と自然療法で歩けるようになった前肢の神経腫瘍の症例

当院でオゾン療法と自然療法(ホモトキシコロジー)の治療によって前肢の麻痺が改善した犬の症例報告です。

梅ちゃん 9歳のパグの女のコです。

左の前足の麻痺が日に日に悪化し、当院に初めて来院されたときは全く左前肢に力が入らず浮かしている状態でした。

大学病院でMRI検査をしてもらったところ、左の前肢の付け根の神経腫瘍が見つかり、完治する可能性はほとんどなく転移を予防するために断脚を提案されましたが、できるだけ梅ちゃんの身体に負担が少ない治療を望まれ手術はせず当院で治療をすることにしました。

週1回のオゾン療法と自然療法(ホモトキシコロジー)の注射、お家では冬虫夏草のサプリ(プライオ)をスタート。

1か月すると全く動かせなかった左足が少しずつ反応するようになり、現在治療を始めて4か月ですが、左前足は元気な時と変わらず普通の状態に戻りました。

発症時7kgまで落ちてしまった体重も今は発症前の体重の10kgに戻り生活をしています。

 

 

 

一覧に戻る
ページトップヘ